楽天銀行スーパーローン審査の口コミと評判をまとめました。

 


カードローン申込のときの申告で虚偽の記載するのはダメ!

 

最初のキャッシング申込み時には申込みフォームへの入力をしてから審査をします。


あなたはそこで、「毎月の収入が低いとカードローン審査に通らなさそうだから、審査に借りられるように年収を増やして書いてしまおう」と、キャッシング申込みの時に多めに書いてしまう方がたまにいらっしゃいます。
ですが気持ちは痛いほどわかるのですが、これは絶対にしてはいけないことなのです。

 

 

「実際の年収まではわからないだろう。」
と思ってのことなのでしょうが、金融機関も様々な人を見てきた専門家です。
過去の申込者の情報を基に、勤続年数や会社の大中小、年齢などから大体の年収を把握しています。

 

 

また、キャッシング会社には申込した後にオペレータによる電話での本人確認があり、そこでも申込書の記入した項目のヒアリングが入ります
なので、この平均値から大きく逸脱していれば、キャッシング会社は「これは変だ」と判断するわけですね。

 

 

これは収入以外の情報でも同じになりますので、申込書の記入時の虚偽の記載はほぼ金融機関側にヘタをすればバレてしまいます。
嘘をついて借りようとしたと一度発覚してしまうと、金融機関側としては絶対に貸付をすることはありません。

 

 

仮に虚偽の情報を書かずに審査にあたっていれば、審査に通る、あまりに悪質だったり嘘が多かったりすると、信用情報へ要注意人物として報告されてしまい、他のキャッシング業者でも融資ができなくなってしまうかもしれません。
さらに、ありもしない情報の申込書の記入のままお金を借りてしまうと、詐欺で訴えられてしまうリスクもあります。

 

 

よって、虚偽の申し込みフォームへの入力はするだけ自分の首を絞めるとも言っていいでしょう。
正直に申し込みフォームへ入力して審査通過しないなら借りないぐらいの気持ちでいましょう。


楽天銀行スーパーローン審査はこちら